Requires a javascript capable browser.

ガイソー山口店

メンテナンス

マイホームのメンテナンスは時期と工事方法が重要です。

マイホームを建てたら、いつか必ずやってくる「メンテナンス時期」。
このメンテナンスは時期や工事方法を間違えると、余計な出費につながることも…。

そもそも、どうして外壁や屋根の
メンテナンスが必要なの?

マスクグループ

これから先の家の寿命とメンテナン
ス費用に大きく影響します!

グループ

メンテナンスを、築10年で行なった場合と、築20年で行なった場合はそれほど変わらないでしょうか?
実は、これから先の家の寿命とメンテナンス費用が決まる大切な分岐点となります! 長く快適に住み続けるためにも、適切な時期にメンテナンスを行うことが大切です。

外壁・屋根のメンテナンスをする目的
美観と素材保護(防水)のためです!

アセット

外壁や屋根は日々さまざまな影響を受けています。その影響から逃げ場がないのが住まいの外壁や屋根です。新築してからずっと家を守っていくわけですから、やがて屋根のズレや外壁のヒビ割れ、鉄部のサビ、木部の腐りなどの傷みが出ますし、放置すれば建物内部へ雨水がどんどん侵入し、構造部分の老朽化が進行していきます。

アセット
お手入れを怠ると
こんなことも!
モルタル壁
モルタル壁
内部の腐り
防水の切れたモルタル壁は砂場に水をかけるように水を吸収し、内部の柱
や梁など重要な駆体を腐らせます。下地からの改修になると多額の費用が
必要になります。
モルタル壁
モルタルの剥離
モルタルが下地の傷みにより、剥離を起こすと、部分的な修理が難しく、
モルタルのやり直しが必要になります。放置しておくと壁が崩れてくるこ
ともあります。
トタン壁
トタン壁
サビすぎたトタン壁
トタン塗装の前のケレン作業の時に穴が開いてしまいます。このような状態になってしまうと貼り替え工事などで、大規模な工事が必要になります。
アセット
ここまでサビると貼り替えが必要です

ケレン作業とはサビ落としのことです!

ワイヤーブラシなどでサビをきれいに落としてから塗装しないと、すぐに塗膜剥離などのトラブルの原因になります。念入りなケレン作業が重要!

窯業系サイディングボード
一見、キレイに見えても…
アセット
中からボロボロになっています。
アセット
爆裂

過度な吸水や凍害によって内部からボロボロになっている証拠です。
爆裂を起こしたボードは交換するしかありません。このような場合まできてしまった場合は貼り替えが必要となり、費用も2~3倍かかる場合があります。

スレート屋根
モルタル壁
屋根材の傷み
スレートの屋根材がずり下がってきています。
屋根材の隙間から、下地に雨水が入り込んでいます。
モルタル壁
雨もり
屋根からの雨もりが、軒天の部分に流れてきています。屋根自体が腐っていく原因となります。
トタン屋根
モルタル壁
真っ赤にサビたトタン横葺き
ここまで痛むと、葺き替えが必要になります。
モルタル壁
真っ赤にサビたトタン瓦棒葺き
塗装する際にサビ落とし作業の費用がかなりかかります。
アセット
劣化が進んでからメンテナンスをすると補修の費用がかさむため、手間も費用もかかってしまいます。

だから、適切な時期に正しい住まい
のお手入れが必要なのです!

マスクグループ

同じ築年数でも、海の近くや、山の近くのお住まいで家の傷み具合もさまざまです!
ガイソーでは、お住まいに合わせた適切なメンテナンスをご提案いたします!

築年数に応じて
やっておきたいメンテナンス
アセット
築5~10年
アセット

防水のトップコート塗り

アセット

ベランダ床塗装

アセット

スレート瓦の塗装

アセット

クラックのコーキング打ち

アセット

雨樋の塗装

アセット

目地コーキングの追打

アセット

シロアリ駆除

アセット

棟瓦の積み直し

アセット
築15年
アセット

防水のやり替え

アセット

外壁のカバー工法

アセット

瓦屋根の締め直し

アセット

外壁塗装

アセット

ベランダ防水

アセット

屋根のカバー工法

アセット

シロアリ駆除

アセット

雨樋の交換

アセット

目地コーキングの追打

アセット
築20年
アセット

防水のやり替え

アセット

外壁のカバー工法

アセット

屋根のカバー工法

アセット

外壁塗装

アセット

雨樋の交換

アセット

目地コーキングの追打

アセット

屋根塗装

アセット

瓦屋根の葺き替え

アセット

ベランダ防水

アセット

シロアリ駆除

アセット

窯業系サイディング

ボード張り替え

アセット

外壁板金

ご相談・見積もり依頼

住まいは建てて終わりではありません。
定期的なメンテナンスが必要です。
これによって、傷みを防ぎ、修繕費用を節約し、他の部分にも被害を防げます。
月日が経てば必ず劣化していくことを忘れずに、メンテナンス費用を少しずつ貯めていきましょう!

リフォームの流れはこちら